TO-220用セラミックスヒートシンク

SICショットキーバリアダイオード TO‐220用
N-9Hセラミックヒートシンクベースの御紹介

TO-220用セラミックスヒートシンク1

ショットキーバリアダイオードは、その特性上順方向に大きな電流を流す為発熱します。発熱による熱暴走での破壊を防ぐ為に用いられるのがヒートシンクです。

西村陶業(株)はこのヒートシンクについて、放熱性セラミックスの熱放射を利用したヒートシンクベースを開発し販売を開始しました。西村陶業(株)が提唱する放射を活用したN‐9Hセラミックヒートシンクベースは、TO220の放熱用製品で品番2040-1、2040-2、2040-3、2040-4の4種類です。
サイズはいずれも20×40×6tでM3ビス固定型(シール不要)が特徴となっております。

TO-220用セラミックスヒートシンク2 TO-220用セラミックスヒートシンク3

特注として複数のダイオードを設定される場合等、ヒートシンクサイズを20×40×6t以外の物も製造出来ますので御相談下さい。

 

資料請求・お問合せ

西村陶業株式会社
npc-form@nishimuratougyou.co.jp
〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町3番2号
工業用セラミックスのことならお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-591-1313
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-591-4913
 

このページの先頭へ戻る