その他セラミックス

低膨張セラミックス

当社の低熱膨張セラミックスとして、コージェライト磁器とリチア系磁器があります。
熱膨張係数が低いので、熱衝撃に対して極めて強い材料で、耐熱衝撃を必要とする電気加熱用絶縁材等に利用されています。
また、リチア系磁器は室温(20~30℃)での熱膨張係数が0.4~0.5×10-6/℃と熱変化による寸法変化が極めて小さな材料です。

可視光高反射率セラミックス

当社の可視光高反射率セラミックス(N-9000T)はアルミナを主成分とするセラミックスで、可視光領域(400-800nm)の電磁波を90~94%の反射率を示します。
N-9000Tは熱や紫外線に対して高い耐久性を有するセラミックス材料です。

材料特性
主な材料特性表(PDF 63.7KB)
 

資料請求・お問合せ

西村陶業株式会社
npc-form@nishimuratougyou.co.jp
〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町3番2号
工業用セラミックスのことならお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-591-1313
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-591-4913
 

このページの先頭へ戻る