フォルステライト・フォルステライト茶色

フォルステライト

ステアタイト
MgO-Al2O3-SiO2系のセラミックスで2MgO・SiO2(Mg2SiO4とも記す)のフォルステライト結晶から成ります。
フリーのマグネシア結晶(ペリクレース)が存在しないものが良質とされます。
西村陶業では厳選された材料を用い濃密で行き届いた品質管理の下、フォルステライトを製造しています

FB-10 フォルステライト茶色

FB-10 フォルステライト茶色 光学機器用部品に主に使用される茶色の外観をセラミックスで熱的特性のうち熱膨張係数が温度帯-30℃~70℃の間で8~9×10-6/℃の値を有する事を特長とするセラミックスで、ガラスとの接合性も良好です。

 

 

 

温度帯 熱膨張係数
30~600℃ 11.1×10-6/℃
-30~70℃ 8.98×10-6/℃

特長

フォルステライトは淡黄色の外観を有し表面は平滑で強度もあり、薄肉の断熱材としても利用され絶縁抵抗も高いので、電気絶縁材料として広く用いられています。
また誘電率が6.5と誘電正接(Tanδ)も小さいので高周波絶縁材料として有用です。
大きな熱膨張係数(8~12×10-6/℃を利用した真空管用の絶縁部品や金属皮膜抵抗用ベース材など、金属との密着性が重視される箇所に提供されています。

フォルステライトの特性

特性 代表値 代表値
ニシムラNo. N-75 FB-10
主成分 2MgO・SiO2 2MgO・SiO2
呈色 淡黄色 黒褐色
かさ比重 3.0 3.2
吸水率 0% 0%
曲げ強度 150MPa 187MPa
誘電率 6.5(1MHz)
誘電正接 3×10-4(1MHz)
熱膨張係数 9.7×10-6/℃ 11.1×10-6/℃
熱伝導率 3.35 w/m・k 5.9 w/m・k
最高使用温度 1000℃ 1000℃

 

主な材料特性表(PDF 63.7KB)
カラーセラミックスの一覧

 

 

資料請求・お問合せ

西村陶業株式会社
npc-form@nishimuratougyou.co.jp
〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町3番2号
工業用セラミックスのことならお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-591-1313
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-591-4913
 

このページの先頭へ戻る