チタン酸アルミニウム

チタン酸アルミニウム(N-420)は、Al2O3とTiO2の2成分で構成されるセラミックスで、アルミ溶解用のルツボに代表される金属の熔湯(ようとう)に対し優れた非濡れ性を発揮します。

特長

・耐火度が1100℃と高く熱膨張係数も0.7×10‐6/℃と極めて小さい特徴を併せ持つところから急熱に対して最も強い性質を持っています。
・耐熱衝撃性に優れているのでバーナーチップ・ノズル・ルツボ等耐熱衝撃材料としての用途があります。
・金属の熔湯(ようとう)に対して優れた非濡れ性を発揮します。
・マシナブル加工にも対応可能です。

チタン酸アルミニウム(N-420)の特性

ニシムラNo N-420
主成分 Al2O3・TiO2
カサ比重 3.3
吸水率 <2.0%
熱膨張係数 0.7×10-6/℃
耐熱衝撃性 350℃
熱伝導率 1.5 w/m・k
曲げ強度 39 MPa
圧縮強度 176 MPa
最高使用温度 1100℃
材料特性
主な材料特性表(PDF 63.7KB)
 

資料請求・お問合せ

西村陶業株式会社
npc-form@nishimuratougyou.co.jp
〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町3番2号
工業用セラミックスのことならお気軽にお問合せ下さい。
資料請求・お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-591-1313
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-591-4913
 

このページの先頭へ戻る